女性との付き合い方

女性の話を聞いてあげる – 気持ちをしっかりと受け止めることが大事

女の人は話が大好きです。
彼女や嫁さんであれば勿論ですが、そうではない場合も話をしっかりと聞いてあげて下さい。

モテたければ、話を聞け!

といっても過言ではありません(笑)

男性よりも女性のほうがメンタルは強いと思われがちです。
例えば男性は元カノを「名前を付けて保存」し、女性は元カレを「上書き保存」すると言われていますよね。
女性は恋については強いです、それは現在の感情が大切であり、今幸せな気持ちにしてくれている人に依存するからです。
男性はエッチの思い出とか、そういった性欲と思い出がリンクしているような人も多いので、名前を付けて保存すると言われています。

まあそんな風に、女性はメンタルが強いから、邪険に扱っても平気だし、男のようにグチグチと悩んだりしないなんて思われがちですが、実は女性のほうが弱いのです。
女性には生理があり、毎日ホルモンバランスの影響を受けるので、どんなにメンタルが強くて肝が据わっている女性でも、弱気になるときが必ずあります。

付き合っていない女性については、生理がいつくるとか、ネガティブな時期に入っているとか、そういった事は分かりません。
分かっていたらストーカーかなんかですよね、気持ち悪いですね(笑)

冗談は置いておいて、女性はナイーブな気持ちになる時期が必ずあるので、どれだけ強い女性でも弱ってしまうという事を、しっかりと理解することが大切です。
女性が心理的に不安になっていたり、泣きたい気持ちだったり、人恋しい気持ちになったり。
そんな時に、あなたに何か話をしたとしましょう。
普段は強がっているから、適当に話をしたとして、ついキツい一言を放ったとします。

ダメダメです、女性はめちゃくちゃ傷ついていますし、癒されていません。
本当の気持ちは、ただ話を聞いて欲しかっただけとか、自分のことを肯定してくれて、そうだねーって言ってほしかっただけ。
そんな心理状態なのかもしれないのです。

男と女では、根本的に考えが違ったりとか、心理状態の不安定さが違いますので、男目線で会話してしまうと、相手を傷つけることがあります。
どーでもいい女性であれば、そこまで考えなくてもいいですが、大事な人ならば、そこまで考えて話をするべきです。

片思いしている大好きな女の子、付き合っている女性、そして結婚して妻となった女性。
どんな女性でも、必ず気持ちの波がありますし、それだけ気持ちを理解してあげることは難しいです。

男が女に振り回されてどーするの?バカじゃないの?
そんな事も言いたくなりますし、そう思う時もあります。

ですが、男性とは違って、女性は気持ちに波が出来てしまうのです、本人もそれが嫌なのです。
だからこそ、女性の心理を理解してくれる男性は、貴重であり、癒される存在であり、優しく出来る対象になります。

男が女に振り回されていると見せかけて、あなたが女性を操るような感覚です。

心理的に弱っているなー、今こんな言葉を使うと余計にしんどくさせて、2人の関係が悪化しそうだから辞めとこうとか。
この状態でこれを言っても却下されるから、こんな言い回しを数日後に言おうとか。

女性の話をしっかりと聞いてあげて、女性の心理状態をしっかりと理解する。
そうすることで、2人の関係は円滑に、そして円満に良い方向に向かうのです。

ぶっちゃけると、これがモテる秘訣です(笑)
理解のある男性って、なんだかんだいって需要高いですよ!

あ、エッチの時に緊張して中折れするような、自信なさげな男はダメですからね!

下のサイトでさっさと改善して下さい!

女性との付き合い方 – 彼女の心理を勉強した上で、寄り添う事が大切

女性って難しいですよね。
何考えているのか分からない時がありますし、思考を予想しても真逆なことがあります。

女性とうまく愛を育んだり、仲良くなったりすることは決して簡単ではありません。
でも基本的には、自分を否定せずに肯定してくれて、精神的に支えてくれる男性が大好きです。

カッコイイとか男らしいとか、お金を稼いでいるとか社会的地位があるとか。
もちろん結婚するならば大事だと思いますし、相手もそういった事を加味すると思いますが、お付き合いするだけならば、関係なしだと思っています。
ここでは、女性との私なりの付き合い方をお話しようと思います。

さて、上から目線でかっこつけてごめんなさい、まず謝ります!
芸能人ばりにカッコイイわけでもなく、お金持ちなわけでもありません、平凡な男性、それが私です。
平凡な男性が平凡な女性と話をする時、仲良くなりたいと思っている時は、どんな考えを持って行動しているのか、ただそれだけをお話します。

女性はおしゃべりが大好きです。
男性であれば、用がある時に話をしたりとか、結果を求めて会話をしたりします。
試験を受けた人がいれば、受かったかどうか、受かったならどんな勉強をして受かったのか、期間は?
そんな事を話すると思います。

女性は違います。
受かった嬉しさがメインの会話になって、感情の話が長々と続きますし、話がそれて別の話題になったりします。
ノリでしゃべっている感じです、楽しかったらそれでいい、そんな話になります。

エッチでも同じです。
男性は射精することがゴールであり、目標を達成したら賢者タイムになります。

女性は全く違います。
大好きな人とラブラブした時間を過ごすことがゴールであり、射精は別にどうでもいいみたいです。
前戯を大事にして欲しい人が多く、射精に固執されるとエッチしたいだけなんだと残念になります。

女性は議論が好きじゃありません。
これは正しいとか、あなたが悪いとか。
男性はどっちが正しい、正解はこれとすぐに結論出したがりますが、女性は感情をもっと汲み取って欲しいと思うのです。

辛いよねー大変だったよね。
それってめちゃくちゃ嬉しいよね、上手に出来たじゃん、すごいなー。

また女性は生理があって、女性ホルモンの影響で1ヵ月の中にも、様々な日があります。
めちゃくちゃハッピーで何を言ってもツボにはまるほど受ける日。
何を言ってもイライラしてキツイ一言を返してしまう日。
人恋しくなって触れて欲しい、傍にいて欲しいと心の底から願う日。
冷たくあしらってしまうけれど、心の底ではそれを堪えて踏み込んできて欲しい日。

女性の気持ちを知ろうと努力すること、そしてそれが彼女や嫁さんであれば、毎月の気持ちの流れをしっかりと汲み取ってあげること。

無茶苦茶大事な事だなと私は思っています、だって男には無い辛さがそこにあるんですから。。。

女性だって生理前だからといって、辛く当たりたくはないのです。
むしろ周りの人には申し訳なく想っているのに、当たってしまって自己嫌悪に陥るくらいです。

可哀想な人、ではなくて、辛いねー大丈夫だよ。
そんな優しい気持ちを持って、思いやりを持って接することが大切なんだと思います。

白髪染め